Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2018.04 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.06

2013.04.13 :: 娘、誕生

久々の日記。

2月6日に娘が誕生した。2度目の帝王切開。今度は母子共に命の危機に曝される子宮破裂が私の場合は100人の1人の中に入る可能性があるって言われたり、切迫流産と診断されて安静指示が出た時期もあったけど、総じて言えば今回も平和な妊婦生活やった。

今回は予定帝王切開やった為、あの終わりの見えない陣痛を味わわずに手術台に乗ったので、照明の縁に反射する手術風景を冷静に楽しめた。前回は間隔の殆どない陣痛を味わってからの、フラフラな状態での手術だったので・・・。しかし、私は血を見るのは平気なので良かったけど、血が苦手な人は、相当辛いんちゃうか?それとも、皆、反射している事に気付かないのか?

今回も餓えと痛みと闘った出産だった。入院したのは手術前日の2月5日。その日の夜0時以降は絶飲絶食。というわけで、事前にコンビニで購入したおにぎりとサンドイッチとドリンクを23時半頃に食べてから腹をくくった。2月6日はもちろんお水の1滴も飲む事は許されず、2月7日の夜からの流動食をむさぼり食った(正確には、飲んだ)。2人目は1人目の時よりも痛いと言われる子宮の収縮痛は噂通り痛かったし、傷も寝返りが打てない程痛かったが、今となってはいい思い出。手術2日後に私の脈が逃げちゃう為に、点滴用の針がなかなか刺せなくて、看護士さんと医師が2人がかりで左右の腕に合計5箇所も穴を空けて、それぞれ相当長いことグリグリされて、傷だらけになった事も今となってはいい思い出。マスク姿しか見ていなかった超美人な助産師さんが、最後の最後にマスクを外した顔を見て、「あれれ?」と思い、口元が顔の印象を大きく左右する事を痛感したあの日の事も今となってはいい思い出。

とにかく母子共に無事に退院できてよかった。息子のS太郎が可愛過ぎて、娘のM咲にも同じくらいの愛情を掛けてあげることはできるか不安だったが、大丈夫だった。私の命よりも大切な存在が2つ、この世に存在する事は幸せな事であると同時に、万が一の事が起きてしまったらどうしようという恐怖でもある。この2人が、幸福に健康に長生きできる事。どうか、どうか、この願いが叶いますように。

Comments »

綺麗な子だなぁ……
産前すごい大変だったね、どうか
産後は体を大事にしながら
ゆっくりゆっくり慈しみあってね。
誰よりも幸せな子に育ってくれるよう
祈ってます。
おめでとう!!!
出産お疲れ様でした!
m咲ちゃんは写真だとお母さんに似てる感じ。
ある程度大きくなったら、BBQやりましょう!(^^)
おめでとう!
結香♪
どうもありがとう!
ちゃんと報告してなくてごめんねー。
よかったら遊びに来てね。
そして、旦那がいて子供を預かってもらえる時にのみに行こう!

ひでさん♪
ありがとうございますー!
娘は私に似てる気もするけど、でもやっぱりいのちゃんの血が濃いような。
BBQ是非!

Comment posting »

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約