Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2009.06 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2009.08

2009.07.30 :: 切ないけど、さようなら

今日は認定日。通い慣れたハローワークともあと1回の認定でお別れ。は〜、切ないラストスパートというわけではないが、昔から気温上昇と比例して予定が増える私は、私にしてはスケジュール帳がやけに賑やかになってる。飲み会、埼玉で温泉&岩盤浴、表参道bambooでランチなどなど。そして夜も世界水泳観戦で忙しい。昨夜もいつも通り選手たちの美しい肉体美に見惚れながら観戦した。そして、番組が終わったのでテレビを消してベッドルームに移動したら、先程画面の中にいた人達とは全く違う体型の人物が、足をはみ出し、ベッドを横断する形で寝ていた・・・。仕方がないので、私も隣で横断スタイルで寝た。

水泳選手の体型は無理にせよ、相変わらず「痩せたい」という気持ちだけは強く、今週から「毎日こんにゃくを食べるダイエット」と「低炭水化物ダイエット」をスタートした(これで何種類目やねん?!)。毎日色々な種類のこんにゃく食品を使ったり、料理法を工夫して飽きないように色々とアレンジするのが楽しい。

2009.07.30 :: 知らない人からの善意

またいつ雨が降り出すか分からんから、今日も朝から洗濯洗濯。今週は突然の雨っつうのが多いので、気は抜けないわ。でも、この突然の雨のお陰で心温まる出来事があったのでメモメモ。月曜日にお気に入りの白山陶器のお猪口を割ってしまったので、すぐにネットで取扱店を調べて買いに行った帰り、隣のH駅のスーパーに立ち寄って買い物をした。で、お店を出たらさっきまで晴れていた空が真っ黒になっていて大雨がが降っていた。

傘を持っていなかったので、雨が収まるまで20分くらい外で雨宿りをしていたところ、よほど困った顔をしていたんやろか、そのスーパーから出て来た木村佳○似の気品のあるマダムが声を掛けてくれて、すぐ近くのご自宅から「この傘、いらないから」と傘を持って来てくれた。見ず知らずの私にそんな事をして下さるなんて、本当に有りがたくて、嬉しかったなぁ。駅前に住んでいるので、今度、駅で雨宿りをしている人がいたら、私も声を掛けて、その傘をお渡ししようっと。そのマダムの善意を繋げたい。

2009.07.27 :: 歪まされた歴史と受け継がれる慣習

新宿が「新宿遺跡」と呼ばれ、表参道が「表参道遺跡」と呼ばれ、現在使われている言葉や文字が「古代文字・古代言語」などと言われる事になるかもしれない遠い未来に、都庁を発掘した未来の人達が、『あれは宗教的な建造物で、少しでも神に近付く為に天高く作られたものである』と解釈し、表参道遺跡で発掘された厚底サンダルを履いた若者のミイラを見て、『この人物は神に仕える仕事をしていた。その証拠に少しでも高い場所にいる為に底の厚い靴を履いていた』などと解釈するんちゃうやろか、という事を清水○範が、ある小説で書いていたのを先日読んだ。私が日々考えていることと全く同じ!土偶は妊婦ではなく、当時としては珍しかったメタボ男性かもしれない、とか、高床式倉庫のネズミ返しと言われているアレは単なるお洒落インテリアなのかもしれない、とか(随分昔に日記に書いたことがあったなぁ)。

ちょっと前にエジプトで縄文時代に書かれたと言われる絵が洞窟で発見された。四つんばいだったり、両腕を広げた感じの人間が描かれていた。ある専門家は「これは、水中を泳ぐ人々を描いていて、恐らく雨乞いの意味があったのでしょう」って解釈していた。特に納得できる裏付けの説明等は無かった。私はただ単に子供が描いたリラックスしている人間にしか見えなかった。解釈は無限大

あと、時代劇を見ていても思う。昔の人らは本当にあんなにドスの効いた話し方をしていたのか?って。しかも、あの言葉使い。「天下を統一するのじゃぁー!」ではなく、「天下統一したんねーん!」って言っていた関西出身の武将がいたかもしれへんし、「殿!おそれながら申し上げます。敵に包囲され、もはや勝ち目はございません!」「ならぬ!諦めてはならぬ!」という会話も「徳川さん!かなり言いにくいんですが、敵に囲まれてしまい、もうダメだと思います」「だめだめだめー!諦めちゃだめー!」という会話だったかもしれない、などと考えてしまう。

さて、本題。この2週間は相方の実家のお盆ウィーク。いずれも平日だったので、相方は行かずに一人で参加してきた。先々週の木曜日はお坊さんが実家まで来てお経を読んでくださり、その後送り火を。先週の火曜日はお寺での施餓鬼。お寺さんでお坊さんが聞かせてくれた説法に感動した。こういうご先祖様を大事にする慣習は大切に受け継いで行きたいものだ。

2009.07.18 :: ライブと運命の分かれ道

今日は久々に先生のライブに行って、興奮しながら帰って来た。就職したらどうなるか分からんから、と5月からレッスンを休止してから3ヶ月。今だに就職していないので、休止するんじゃなかったー(今更遅いけど)。なので、先生の生音を聞くのは久しぶりやったわけだが、いつ聞いても憧れる音と演奏。スタンダードジャズ中心のライブで、起承転結があって、最後まで面白かった

今日はドラムとベースとピアノが全員女性。帰宅してから、それぞれのプロフィールを調べてみると、全員私よりも若いのだが、途中までの音楽の経歴は似たような感じ。私→4歳からペースメソッドによるクラシックピアノを習い始める。中学の吹奏楽部にてトロンボーンに出会う。周りにおだてられ、調子に乗って将来はトロンボーンで音大に進もうと、音大の演奏会に足しげく通う。14歳からジャズピアノに転向。しかし、ここからが運命の分かれ道。16歳でピアノを辞めるや否や、習ったことの大半を忘れる。コードなんてもうサッパリ。高校では何を思ったか陸上と登山に明け暮れる日々。トロンボーンはいずこへ?大学も音楽とは無縁の生活を送る(ライブにすら行った事ない)

自転車って一度乗れるようになったら、ブランクがあっても乗り方を忘れないというが、私にとってピアノはそんなに具合にはならんかった・・・。信じられないくらい物凄い勢いで忘れて行った。勿体無い。トロンボーンも中途半端♪でもまぁ、死ぬまでにある程度満足できる演奏ができるようになったらいいかな。トロンボーンについては。

さて、今日のライブハウスは、先日の流血現場の目と鼻の先。トラウマになってしまっており、今日はサンダルではなく、靴下&スニーカーで行った。怖いよ、怖いよー。

2009.07.16 :: 流血事件。。。

スキマ産業(有)のコーラスS君主催のイベントに一昨日、行って来た。場所は、週末に2日連続ライブをしたライブハウス。他に誰も行かないっぽいから1人で行こうと思っていたところ、他にも「他に誰も行かないっぽいから1人で行こうと思っていた」というスキマ産業の女性コーラスのYさんとKちゃんと3人で行って来た。沖縄出身のSくんらしく、沖縄出身のアーティストが多数出演していた。S君はスキマ産業の時と歌い方も表情も違っていて、最初の歌い出しを聞いて思わずニヤニヤしてしまい、隣を見たらKちゃんも半笑いで見てた。

で、3人で終電間際までお茶を飲みながらGirls Talkを繰り広げ、急いで駅に向かって歩いていると、何かがサンダルを履いた左足の土踏まずの上部に当たり、見てみると血がドボドボ出て白いサンダルが見る見るうちに赤く染まって行くではないか!足に当たったのは、誰かが落として割った空き瓶の大きな破片やった。アホー。足も真っ赤になって、傷口が全く見えなかったので、ザックリ切れてたらどうしよう?!どうやって帰ろう?!と焦りながら歩道に座り込んだ。Yさんは直ぐに消毒液とバンドエイドを買いにコンビニに走ってくれ、Kちゃんはベタベタな私の血を拭ってくれた。二人がいてくれてほんまに良かった

歩いたら傷口に圧力がかかり、血がその度にドビューッと出ていて、私が怪我をしてから左足を置いた場所全てに小さな血だまりが出来ていて、座りこんだその足元にも物凄い勢いで大きな血だまりが出来てたので、「先週、献血しなければ良かった。このまま流血が続けば出血多量で輸血かー」となどと考えていたが、血が止まり、6mm程度の傷口が見えて来たらその傷口の小ささにホッとした。ちょうど、血管部分が切れたので大量に流血したっぽい。その後、Yさんが買ってくれた消毒液とバンドエイドを貼って帰宅。もう大丈夫。二人とも優しかった。ありがたかった。一人だったらかなり心細かったに違いない。

夜道は酔っ払いだけじゃなく、足元にも気を付けよー。

 | HOME |  »

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約