Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2009.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2009.05

2009.04.30 :: 関西弁分析

関西弁を操る人の中には2タイプいると日頃から分析している。S(ソフト)タイプと、K(コテコテ)タイプ。見分け方は簡単。教科書などの正しい文章を読ませて、標準語風になるか関西弁風になるか。私が住んでいた北摂地区は、前者のSタイプ。普段は関西弁やのに、教科書を音読する時だけは標準語風になる。でも、ある日、大阪の南の方から転校してきた雲○院君が、教科書を関西弁風に読むのを聞いて、教室がざわついたことを今でも覚えている。色々な地区から学生が集まる高校では、Sタイプの人達はKタイプの人たちから「むっちゃ標準語やん」と言われていた。

Sタイプの人は、ビジネスのシーンなどで丁寧語を話す時は標準語風になる。私も実際、仕事中は関西出身ということが先方にバレた事は一度もない(相手が関西弁の人の場合は別・私もつられるから)。Kタイプの人は、どうしても大阪弁のイントネーションが混ざってしまう。なので、「お世話になっております」とか「よろしくお願いします」を聞いただけで、SタイプかKタイプかが分かる。

ただ、これは人によるやろうけど、Sタイプの私でも日記やメモや友人へのフランクなメール(手紙)を書く時は私は関西弁の方が楽。譜面にも「走ったらあかん」とか「注意せな!」などと無意識に書いている。でも、実際、私の関西弁はこの10年間でかなり薄れて来ているので、そのうち関西弁を話す人を見て目を細める日が来るのかもしれない。

先日、相方に「○○やさかいに〜」という普段は使わないコテコテな関西弁をわざと使ってメールを送って、『「○○だから〜」というのがKタイプの関西弁だと「さかいに〜」となるなんて、えらい違い』という考えから、そういえば関西弁って・・・、と想いを巡らせたのを、日記に書いてみた。

なんて内容の薄い日記なのだ

どうでもいいけど、焼肉食べたい。

2009.04.26 :: 凄い夢を見た&バナナダイエット

出会った頃と比べて、二人合わせて新生児6人分くらい体重が増加した相方と私・・・。その体型を元に戻すべく、今さらながらバナナダイエットを始めた。今日で4日目。過去に、二人でダイエットと称して始めたジョギングは3日で終わり、わざわざ購入したバドミントンは1日で終わり、レコーディングダイエットも中途半端に終わった我々。私が個人的に「絶対に毎日実践する!」と心に決めたお尻歩きも2日で途切れた。「絶対に毎日実践する!」と決めたセルフリンパマッサージも4日で途切れた。今回はどれくらい続くか・・・。

それより、先日、物凄いリアルなというか、スペクタクルな夢を見た。そのまま映画にできるような内容。
『大気汚染により空中の波動か何かが歪んだ未来の日本で起きた殺人雷(避雷針など関係なく、室内・室外問わず、どこに落ちるか分からない雷)の悲劇。でも、それは一般的に言われていた大気汚染による異状ではなくて、ある大きな組織の陰謀によるものだったことを、私が突き止めていくサスペンス風』
私はオーケストラの団員という設定で、雑誌の取材を受けていた時に、その殺人雷が近付いて来て、何故か記者が「危ないので外に出ましょう!」と言ったところから、ストーリーが始まった。真っ直ぐに落ちたり、渦巻状になったりしながら落ちる雷もかなりリアルに見えた。翌日も、なんだか壮大な夢を見た気がするけど、詳細、忘れた

2009.04.26 :: ソウル旅行記

K姉妹とソウルに行って来た。今回は、宿を決めていたのみで、ほぼ行き当たりバッタリの旅行やったけど、かなり充実していた気がする。それにウォン安の影響で、2年前に行った時と比べて物価が半額以下になっていて、笑いが止まらんかった。拳3つ分くらいのユッケが約1500円日本ではあり得ません!!!いつも、旅行記、長くなってしまうので今日は手短に。自分用の記録。

■4月1日(水)■成田空港→仁川空港→バスで江南地区→チェックイン
夕方到着し、妹の○ぐちゃんのソウル在住の友人Mちゃんと待ち合わせて、現地の人しか入らないようなお店で夕食。Mちゃんのソウルでの暮らしぶりや、韓国語講座などを受けつつ、隣の席に座った韓国人ビジネスマンらと何となく盛り上がり、百年酒を御馳走してもらったりして、いきなり初日から充実した1日となった。

■4月2日(木)■ロッテワールド→明洞
ずっと気になっていた、ロッテワールドに行った。2千円ちょっとでパスポートが手に入り、殆ど並ばないアトラクションを堪能した。アメリカの絶叫の聖地であるマジック・マウンテンにわざわざ行ったり、ラスベガスのアノ凄い絶叫マシンに何度も乗ったり、富士急ハイランドのFUJIYAMAに4回連続で乗ったりと、絶叫マシン好きな私が、「過去最高」と認めるマシンに出会った。まさか、ロッテワールドで出会えるとは・・・。夜は明洞でショッピングをして、その後上述のユッケに出会った。

■4月3日(金)■明洞→景福宗→民族博物館→ソウルタワー
李氏朝鮮の正宮の景福宗では、守門将交代式に遭遇した。私が前回見たNANTAに二人が行っている間は、私は一人で民族博物館へ行き、その後明洞で買い物三昧。旅行に行っても、殆どショッピングをしない私だが、今回は物価が安いので盛り上がってしまった。夜はソウルタワーで夜景を堪能。漢江にかかった無数の橋がライトアップされていて、綺麗やった。
夜は激辛料理で、一瞬気が遠くなった。

■4月4日(土)■明洞→南大門市場→南営→ソウル近郊
南大門市場でMちゃんの職場や取引先の人たちを紹介してもらい、色々とサービスしてくれた。その後、Mちゃんと彼女の韓国人の彼氏が車で郊外を案内してくれた。テレビのロケでよく使われる美しい牧場地帯。既に門が閉まっていたのに、彼が「この人達、わざわざ日本から来たんですー」と守衛さんにお願いしてくれて、ちょっとだけ入れてもらった。帰り際に、彼氏さんが遠慮する守衛さんに自販機で買ったお茶をお礼に渡しているという心温まるシーンも見られた。夜は、内装が素適な宮廷料理を出すお店でいただき、その後、夜桜を見に漢江の縁まで連れて行ってもらい、その後東大門市場を散策して、姉I子さんと私はホテルへ。妹はMちゃん邸へ。

■4月5日(日)■梨秦院のヨモギ蒸し→帰国
I子さんと私は、当日急遽予約を入れたヨモギ蒸し専門サロンへ行って、リフレッシュ。ランチは、○ぐちゃんらと合流して、地元のお店でランチ。その後、仁川空港から帰国。

燃油サーチャージも無くなったことやし、またソウル行きたい!

 | HOME | 

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約