Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2008.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » 2008.03

2008.02.22 :: 明日はsdライブ@厚生年金会館!の隣

明日はsdライブhttp://shizuco.web.fc2.com/event/!sdでは久々なので、うれしい。このバンドも今年で9年目に突入したわけだ。結成した当初は先のことは全く考えてなかったけど、ここまで来たらとりあえず10周年を目指そうかな〜。何か、10周年記念イベントということで、ドカ〜ンと何か企画しようかな〜。

寿Dayに向けて、ある程度食事に気は遣っているので、ある程度効果が出て来た。でも、寿Dayが終わったら、是非こんな1日を過ごしたい。

【朝食】
卵ごはん
豚汁
きんぴらごぼう
白身魚の甘酢あんかけ

【昼食】
バーガーキングのワッパー
バーガーキングのオニオンリング
アメリカ風のピザ(イタリアンソーセージ必須)2切れ
シェーキーズのスパイシーポテト
タルタルソースたっぷりの巨大海老フライ

【3時のおやつ】
ドーナツ
厚切りポテトチップス
かりんとう
奉天

【夕食】
ユッケ
焼肉(各肉2切れずつ)
春巻き
餃子
チキンラーメン(少々)
てんぷら蕎麦

【デザート】
カントリーマアム
たけのこの里
スナイダーズ(チェダーチーズ味)

【寝る直前】
ホットカルピス

うわ〜、妄想最高〜

2008.02.06 :: 初めて手を繋いだ瞬間か

今朝、満員電車で人の手が度々、私の太ももに当たるので見てみると、ちょうど若い学生風の男の子(大学2回生?)が隣の若い学生風の女の子(大学1回生?)と手を繋ぎそうな、繋がないようなジャレ合いをしていた。暇だったので、ガラス越しに見ていると最終的には、繋いだわけだが、繋いだ直後に、二人はお互いの目を見て恥ずかしそうに微笑み合ったり、その手を嬉しそうに揺らしたりしていた。満員電車という状況に紛れて、初めて手を繋いだっていうわけやな。

どうやら、二人はこれからディズニーシーに行くようで、色々と楽しげに会話をしていた。でも、女の子だけ丁寧語で話をしていた所を見ると、先輩と後輩なのか?ちょっと距離がある話し方。でも一方で私の太ももの真横でしっかりと繋がれている手について考えてみると、とってもドキドキするシチュエーションではないか!

電車の揺れと同時に、彼の顔が彼女に近づいたりして、その状況を二人はハニカミながら楽しんでいる模様。ディズニーシーには観覧車などないので、チャンスがあるかは分からんが、この流れであのお二人は本日中に初めての口づけ交わす事になるんじゃないだろうか!いや、初めて手を繋いだわけやから(それも私の勝手な想像やけど)、一気にそこまで行くのは軽すぎる。それはあかんわ。そもそも、"観覧車=口づけ"という図式が思い浮かんだ自分が嫌なんだが。ま、絶叫マシンにしか乗らない私には無縁の乗り物やけれども。

是非とも学生らしい爽やかな交際をして欲しいものだ。・・・と思いながら、私はそんな甘いシーンのすぐ隣で、駅に着くたびに携帯の「乗換案内」で遅刻気味に家を出た遅れを、どのルートを使って取り戻そうか必死で検索している、というムードも何もない状況に陥っていた。

2008.02.04 :: 披露宴でスピーチ

昨年末からやたらと結婚式付いていて、めでたいこの間の土曜日の披露宴でのスピーチは、結局二人で普通に前に出て、漫才はせずに「相方が導入部→私がエピソード→相方が締め」という順番で、原稿も書かずに話したわけだが、少し狙って言った事が両方とも少しウケて、関西人の血が騒ぎかけた。普段は、弟の前以外ではウケ狙いで発言をする事を一切しないので、ちょっと新鮮。自分としては早口、「あの〜」を連発しすぎ、そして支離滅裂だった気がしたが、新郎には「有り難かった」と言ってもらえて何より。今まで、幾度となくスピーチを頼まれては、断り続けていた薄情な私。でも、今回は招待された新郎側の友人が我々だけということで、お引き受けしたわけだが、終わって一安心。

高砂に座った時に既に二人して目が赤い新郎新婦は初めて見た。あと、物凄く号泣する新婦の父も初めてみた。でも、穏やかでいい式やったなぁ。二次会では、裏方に回ってお手伝いをした。で、最後の最後に新婦のMちゃんが、妊娠2ヶ月目やったという発表があって、ビックリ(既に去年の秋に入籍をしていたので、おめでた婚ではない)。めでたいわ

2008.02.01 :: 漫才に挑戦しようかどうか

農薬入り餃子、まだ原因は特定されてへんけど、中国で真面目に安全に取り組んでいる業者が気の毒になってしまう。

さて、明日はsd初代ベーシスト、Sブリの披露宴と二次会がある。披露宴では、何故か私と相方が二人で前に出てスピーチをして欲しいと言われてしまった。しかも、マイクは1本なので夫婦漫才もできへん。一人ずつマイクの前に立って、順番に話すのか。先日、夜道を歩きながら漫才風なスピーチを一人で実演してみたけど、漫才と言えばやはりオチもあり、笑いを取らなあかん。笑わす自信がないと堂々と話せないし、笑うところなのに誰も笑ってくれないと、気持ちが萎えそうやし。人を笑わす事を生業としている人達って、大変やなぁ、スゴイなぁと思ったのでした。

で、明日はどないしょいや、もちろん笑いを取るつもりはないけど(絶対に取れないだろう)。中身を考えなあかん。

 | HOME | 

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約