Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2007.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2007.07

2007.06.21 :: 激高サンドイッチ

先日、大手町勤務のインテリア友達、なるなるとランチで再会した。2年前の9月にアメリカ旅行をした際に、当時マンハッタンに住んでた彼女とランチをした時以来か。いや、彼女が帰国してから1回会ってるか。いずれにせよ、久々の再会。目鼻立ちのハッキリしたハーフにも見える美しい彼女と、全く凹凸のない薄い顔の私が待ち合わせをしたのが新丸ビルの"PG Café"。美味しいパンが置いてあるとテレビで言っていたので、ずっと気になっていた。メニューを見てみると、閉じた携帯電話2つ分程のサイズのサンドイッチ+サラダ少々+スープ少々+ドリンクで1260円。『量は少ないし、高い!』と思いつつもそれを頼んでみたところ、特にサンドイッチなんかは手が込んでる複雑な味がして、値段に納得。

なるなるは帰国してからインテリア系の仕事に携わり始めたみたいで、話を聞いてると今後大きなプロジェクトに参加する事になりそう。彼女の将来の活躍が今から楽しみだ。

そういえば、6月上旬にもう1つ気になっていた我が家から徒歩3分のところに出来た新しいお店に行って来た。sdの初代ボーカルのあっきーと。メニューも豊富でなかなか美味しかった。一人で入れる雰囲気ではないけど、また誰かが来たら一緒に行きたい。あっきーとはその後銭湯へ寄って帰り、我が家で夜中まで色々な話をして寝た。頻繁に連絡を取り合ったりするわけではないが、彼女と会うといつもなんだか元気が出る。

2007.06.20 :: 珍しいワインを・・・

今日は相方のお誕生日。二人でハマっている日本ではあまり出回っていないある種類のワインを、プロ御用達のマニアックなお酒屋で買って帰り、食事とともに用意していた。滅多に手に入らない貴重なワインなので、相方はさぞかし喜んでくれるだろう、と思いながらルンルンしていた。そして、相方が登場。手には、私がつい40分ほど前に訪れていたそのマニアックなお店の袋が・・・。中身を見ていると、年数は違うけど、その同じ種類のワインが入っていた。笑えた。

2007.06.17 :: DNA&弟の初一人暮らし

昨日は用事があって上京してきた母上と、何故か我が家ではなく品川の某ホテルに宿泊した。夜は美味しいイタリアンを食べ、お店を移動してデザートを食べ、部屋に戻り就寝。その間、飽きることもなく疲れることもなく、ひたすらしゃべっていた我々。やはり、私は母上にキャラが似てしまったと痛感した。話を話題の切り出し方とか、相手の話に対する反応の仕方とか・・・。ま、親子やから仕方が無い。

翌日は、会社の寮を出て、人生初の一人暮らしを始めた弟のMヒロ宅を訪問。築年数は古いものの、内装の雰囲気がめっちゃお洒落。しかも、姉の一人暮らしの家の5倍以上のお金をかけて購入した家具がこれまたセンスが良くて、感激。15,000円のベッド、1,500円のカラーボックス3つ、1,980円のセンターテーブル、3,500円の座椅子、2,500の棚、という姉の家のインテリアがそもそも激安なだけなのかもしれんけど。

2007.06.13 :: 初めての韓国旅行

貯まったマイレージを使って、ソウルに行って来た。私は東京から出発、K理ちゃんは関空から出発なので、待ち合わせはソウルにて。

ソウルの繁華街はまるで、日本。街中の色使い、建物や内装のデザイン、公共交通機関のデザインなど、日本におるかのような錯覚に何度陥った事か。読めないハングル語が書かれているだけで、それを除けば、日本とさほど変わらず、海を渡って海外に来たという感じがしない。ただ「韓国」を強く感じる事柄もあった。
? お店に入ると、メイン料理の他にキムチ類が乗った小皿が4〜6皿出て来た
? 徴兵制の影響か、体格のいい若い男性が多かった(しかも韓国系の顔、好き)
? おばちゃん達の90%以上がショートにクルクルパーマを当てていた(流行か?)
? 宮殿の装飾技法が日本と随分違う

あと全体を通してビックリやったのが、私が頻繁に韓国人に間違われた事。一人で歩いていると何度も道を聞かれたり、他の日本人には「イラシャイマセ〜」って言ってるのに、私にだけ「アニョハセヨ〜」って声を掛けて来たり。革ジャケットを買ったお店では、何故か日系アメリカ人に間違えられた。たぶん、髪の毛を茶色にカラーリングしている日本人がやたらと多いので、黒髪の私は日本人に見えなかったのかな?

3泊とも違う等級のホテルに泊まり、ショッピング、歴史、食べ物、夜景、エステ、文化などを満遍なく見る事ができたというソウル初心者にとっては、完璧なプランやなぁ、と二人で自画自賛した程、濃厚な4日間となった。気軽に行けるし、また是非行きたい!

■ 6月9日(土)■
・ 昼前に到着後、メトロホテルにチェックイン
・ バーガーキングにてランチ
・ 明洞&梨泰院を一人で散策&ショッピング
・ 20時過ぎにK理ちゃんと再会→お粥屋でディナー→お洒落なバーで乾杯

■ 6月10日(日)■
・ クレジットカード紛失事件(その後解決)→徒歩で昌徳宮まで行って日本語ツアーに参加
・ 梨泰院まで移動して散策&ランチ
・ ホテル新羅にチェックイン
・ 漢江サンセットクルージング
・ 明洞で足エステ→焼肉→南山タワーにてソウルの夜景を堪能

■ 6月11日(日)■
・ エステにて汗蒸幕、頭マッサージ、人参風呂、海草パック、垢すりなどたっぷり2時間堪能
・ 西宗ホテルにチェックイン
・ 明洞散策&ショッピング
・ ディナーは参鶏湯
・ NANTAを鑑賞して感動&大興奮

■ 6月12日(月・祝)■
・ 10時過ぎにK理ちゃんが空港へ向けて出発
・ 一人で「国立中央博物館」を見学→明洞でお土産物を物色
・ 17時過ぎに空港へ向けて出発→帰国

2007.06.08 :: Burger Kingオープン初日&友達ライブ

今日は再来日したバーガーキングのオープンの日。朝一で相方に「今日、行こうぜぃ」とメールを打ち、朝から楽しみにしていた。会社の人らには「初日に行く理由が分からない」「いつでも行けるじゃない」と言われつつ、自分でも「何故初日に行きたがるのか」理由が分からなかったが、やはりバーガーキング好きとしては、初日を押えたかったのだ。味が好きとかそういうんやなしに、私にとってはアメリカ時代に、幼い私と弟を連れて、慣れない英語で注文をしてくれていた母親の背中を思い出す愛着のあるお店なんやわ。旅先で見つけたら必ず入るお店

で、相方と落ち合って、半興奮気味にお店へ向かうと、長蛇の列が・・・。そして、最後尾に行ってみると、「ここから1時間半待ちで、閉店時間を過ぎてしまうんで、もう並べません」と言われてしまい、意気消沈。

肩を落としたまま、知り合いのライブへGo!物凄く人間的に温かい人達が集まった大好きなバンド(数年前に1度ヘルプで参加)のメンバーが3人出演していた。穏やかな人を見ているだけで、こっちまで穏やかになってしまう。この3人とも、まさしくそんなタイプの人らで、久々に再会して顔を見ただけで自分でもハッキリと分かるくらい気持ちがホッとした。演奏については、もう私にとっては憧れレベル。ああいう音楽を、ああやって自由に自在に演奏できるなんて羨ましいし、凄い。

 | HOME | 

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約