Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2007.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » 2007.03

2007.02.28 :: インテリア・コーディネーター集団

1年ぶりにほぼ全員(1児の母N以外の7人)が揃った仲良しインテリア学校友達との中華ディナー。バンドとスキー(夏はBBQ♪)に明け暮れている最年少の1名を含め、全員が有資格者なわけだが、会う度にその遊び人以外のみんなは建築・インテリアのプロとして成長していてうれしい限り。

さて、今回の主役は勿論、10月に結婚が決まったMたんで、お誕生席に座り、皆から根掘り葉掘り質問をされて幸せオーラを滲ませてた。婚約指輪のサイズを聞いたら、「本当は5号って言われたんだけどぉ、念のため1サイズ大きい6号にした。でもサイズが無くて特注なの」やて・・・。なんでやねん。6号言うたら、私の小指くらいやん。私も1回くらい指輪でも洋服でも何でも「私には大きいので小さいの、ないですかぁ?」って店頭で言ってみたいものだ。「これよりも1サイズ大きいの(ズボン)ないですか?」と聞いたら「うちは、○号までしか置いてないんですよぉ」とか「あ、店頭には置いていないので、裏から持って来ます」と良く言われるけど、毎回切なさを感じずにはいられん

2007.02.27 :: 遂に北海道でスキーを

もう最近スキー日記的要素が強くなってきたような気がするが、またまたスキー日記。前回行った安比高原からの帰りの新幹線で、ひょんな事から一気に高まった「次は北海道のニセコに行きたいぃぃぃ」という欲望。そして、2週間後、我々は新千歳空港におった。。。

欲望発生の翌日、フライト手配の都合上ごく少数のメンバーに「2週間後、土・日・月(有給取得)と行きませんか?」と誘った所、驚くべきことに当日中に数名から「参加希望」の返信があった。パック旅行よりも安く行く為に、自分で早速フライトと現地での往復バスと宿の手配をし、行って来た。

今まで色々なゲレンデで「パウダースノー」やなんて言うてたが、実は本物を知らんかった事が判明。ニセコのそれは、もうこれ以上ないという程のパウダーっぷり。握っても固まらないくらいサラサラで、どれだけ積もっていても軽いので足を取られる事がない。しかも、山の頂上付近は全体が滑走エリアになっていて、細かいコースに分かれておらず、広大で開放感があった。それ以外の全体のコース構成は安比の方が好きやったけど、雪はもう涙もん。そりゃ、わざわざ南半球の国から大量に人が来るわな、と納得。

Bが小さな崖に板を落として、決死のダイブをして板を取りに行ったり、Iが40度もの斜度があるコブコブコースで板を外した外国人を助けるという小さな国際交流があったり、ストックで胸を強打して「ヒビが入ったかも」という事態に陥った人がいたり、などと今回も色々なドラマが展開されつつも、全員無事に帰宅できた。

スキー最高



2007.02.19 :: ライブ終了♪

Soul T○ Codaのライブが無事終了。数日前から、あごストレッチをし、前日の個人練習では、二十あごに見えない楽器の構え方を鏡の前で研究した成果は出たのかどうかは定かではないが、力んでさっぱり吹けなかったソロと、自分の音が聞こえないドラムの横でまたもや汚い張り上げ音で吹いた事を除いては、比較的冷静に演奏できたような気がする。バンドとしても、ライブならではのハプニングがありつつも、全員が一体感を感じながら演奏できたんちゃうかな。

今まで予定が合わず、一度もライブに行けなかったAnticaさんが対バンで出てはって、念願のライブ鑑賞が実現した。バンドによって、見せ方や演奏や雰囲気など、色々なカラーがあるけど、Anticaさんはアマチュアバンドでは数少ない(といっても、結構あるか?!)私好みのカラーを醸し出してた。今度は是非s○ul desseでご一緒したいっ。自分の出番の準備をしながらで、ゆっくりは拝見できなかったので、やはり今度は純粋なお客さんとして見たいわ。トリを飾ったQ.A.S.B.さんは、全編オリジナルで、演奏やステージングに今まで以上に力が入っているのが見ていて伝わって来た。メンバー全員の方向性がピッタリ一致しているように見えて、バンドらしいライブやった。両方とも、刺激&勉強になるライブで、楽しかった。

今回は群馬での従姉妹の結婚式の帰りに両親が寄ってくれた、授業参観ならぬライブ参観。恥ずかしすぎ。私と同じムックリ頬っぺたの父親がニヤニヤしながらこっちを見てた。リズム感のいい母親は軽く踊ってた。あと、今回もわざわざ大阪から観に来てくれたM川さんが終始満面の笑みで楽しんでくれてた。他にも違うバンドの方々や、友達や雪山仲間も来てくれて、有り難い限りだ。ライブ後のビールが美味しい1日でした。


2007.02.15 :: 前足のない猫&スキー狂いの日々

2週間ほど前に、迷い猫の張り紙を我が家の近くの野良猫が多い一角の電信柱で見かけた。どうやら、前足の手術をした直後にいなくなった、前足のない猫とのことで飼い主の心配が伝わってくるような文面が書いてあった。その後、その野良猫ロードを通る度に、車の下や塀と塀の隙間を気に掛けてはいたが、なかなか見つからず、そのままになっていた。そしたら、昨日、張り紙が変わっていた。「無事、見つかりました。皆様、ありがとうございました。」と飼い主からのコメントが。迷い猫や犬や小鳥の張り紙は今まで、たくさん見たことがあるけど、見つかった報告とお礼の張り紙は初めて見た。報告もなしにそのまま、という人も多いだろうに、わざわざ報告をしてくれるなんて、なんだかハートウォーミング♪

同じスキー狂いの仲間がいるおかげで、今年もスキー狂いと化しているなぁ、わたし。「行けるうちに、行っとかな」、という確固たる信念の元、遊びまくりの日々。この3連休の岩手の安比高原は今までにない極上の雪の上で気持ちよく滑走できた。自分に課していた課題も少しずつクリアして来た現在の課題は「コブ斜攻略」と「小回り」。周りの人らの上達振りも、目覚しいので、刺激になるわ。再来週の北海道ニセコ(また行くんかい!)では、なんとかモノにしたいっ。

2007.02.15 :: トロンボーンレッスン第14〜16回目

ぎっくり腰の状態で行った、第13回目のレッスン以降、レッスン日記が滞っていたので再開。その後、課題曲が1曲追加された。テンポが速い曲が苦手なので、ちょっと速めなスタンダードな曲を。まだ会話をするように演奏はできず、頭で発せられた信号(フレーズ)を瞬時に腕と唇と舌に伝えることができないので、相当苦闘中。相変わらず、先生が奏でるフレーズや音は豊かで、毎回レッスンの録音を聴いたり、個人練習をしたりしながら1歩でも近付けるよう、自分を奮い立たせている日々が続く。

明後日のライブでは、先生によく注意されているように息のバランスに気を付けて挑もーう!

 | HOME |  »

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約