Monology

書きたい時に書きたい事を 書きたいだけ書く

2018.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.12

2011.06.22 :: 前の会社が、、、

久々に"I will have to let you go. Today..."と言われた前の会社のホームページを覗いてみたら、ついに日本オフィスの連絡先が消えていた。どうなってるんや?!もう無くなるのか?もしくは、もう無いのか?いずれにせよ、なんだか淋しいなぁ。

今まで経験したことのない業務に数多くチャレンジでき、「ここは特別。これは普通じゃない」と日々自分に言い聞かせないと感覚が麻痺しそうになるくらいのリッチな経験を沢山させてもらい(私生活は相変わらず質素だったが)、映画の脚本が書けるようなスリリングな大型買収の一部始終を内側から見る事ができ、普通には会えないような人とお会いでき、何よりもいい同僚&上司に巡り会う事が出来たこの会社。そして、リーマンショックなんて遠くの話かと思っていたら、即日リストラという最後の最後までドラマチックな事をしてくれたこの会社。同じくリストラされた他の人たち(ほぼ全員)はお元気なのかしら?「今だから話せる」トークとかしたいな。

思い起こせば、最初は派遣で入ったんやった。当初は派遣会社には「英語なんて絶対に仕事には使えないので、外資系は嫌です。無理です」と言ってたのに「あなたと相性が良さそう」と、担当者があまりにもしつこく薦めて来るので渋々面接に行ったのが最初だった。気が付けば約6年間お世話になった。今後の再就職に活かすことのできるスキルをココで身に付けられたのかどうかは疑問だが、とにかく貴重な経験が出来たことは言うまでもない。ありがとう、C。さようなら、C。

2011.06.01 :: 児童英会話講師への道

案の定、PMSによる自己嫌悪感は翌朝にはウソのようにスッキリ解消。取り柄がない&中途半端な事実は変えられないが、「ま、しゃーない。それでもなんとかここまで生きて来られた」と開き直っている(あかんか)。また前向きに生きる意欲が湧いて来た。来月もやってくるであろうPMS。いや、閉経まで付き合うのだろう。こればかりはしゃーないね。

さて、児童英会話について調べてみた。講師向きの託児所が付いている教室は見つからなかったが、アルクがやっている魅力的な英会話教室システムを発見!近くの公民館の一室を借りてスタートできそう。でも、果たして人を集める事ができるのだろうか?私が先生になれるのだろうか?仮に英会話教室をスタートして生徒が付いた場合、簡単には閉鎖できないしプレッシャーになるのではないか?私の性格上、生徒が1人辞めただけでも胃を痛めてしんどくなるのではないか?そもそもインテリアの仕事もやりたかったんちゃうのか?せっかく2年間仕事と並行して専門学校にまで通ったのに、このままでいいのか?最近、周りから具体的なインテリアのアドバイスを求められる事が一気に増えていて、インテリア熱も再燃してるし。でも、私にはそれを職業とする程のセンスはないんちゃうか?それとせっかく苦労してテストにパスして翻訳家としてエージェントに登録しているのに、翻訳の仕事を殆どしないのも勿体ない。などと、考えているうちに纏まらない考えにイイイイイッーとなって、ポテトチップス一袋をやけ食いした。アルフォートも沢山食べちゃった

・・・というわけで、まだ長期的な事を考える段階ではないので、その時期が来るまで待とう。

2008.12.24 :: 突然過ぎる出来事

数年ぶりに行った西麻布の某焼肉屋にて、ボスから「今後は第一線に立ってもらうぞ!ミーティングでは僕の隣に座って、色々と覚えて行ってもらうぞ!」「はい!ガンバリマスッ!」と、やけに盛り上がったあの日から約2週間ちょっと。私は今、専業主婦生活を謳歌しまくっている

青天の霹靂とは、こういうことかー。

LAの本社から、世界的に規模を縮小するという通達が来たらしく、日本の場合は年俸○○○万円以上の人達がサヨナラ〜の対象となってしまった。ま、ここまで事務的な決め方だと分かりやすくていいか。結局、ボスが本社に言われた対象者の退職日ギリギリまで"辞めさせたくない"などと、交渉をしてくれていたお陰(お陰というべきか、何というか・・・)で、「今日が最後」と先々週の金曜日に突然言われた。ハイリスクハイリターンなこういう外資系なので、いつ何があっても不思議はないと、日頃から覚悟はしていたのでショックは殆どなかったけど、当日言われたのには焦った。自分のパソコン内のPrivateなファイルを急いで、消さなあかん!って・・・。

履歴書上は希望退職になる。しかも会社の好意により、色々な面でかなりステキな条件で退職できたので、これを機にちょっと勉強をして、また社会復帰をする事にした。この会社には本当にお世話になり、去る淋しさもあったけど、逆に新しいステップへのチャンスやとも思うので、このチャンスを活かすのだ。

とりあえず、職安に行ったり、区役所に行ったり、髪を切ったり、軽いメイクレッスンを受けたり、大掃除をしたり、マイホーム用物件を見に行ったり、従妹夫婦と飲みに行ったり、滑りに行ったりなどして先週は慌しく過ごした。年内は忘年会やホームパーティやエステやX'mas平日ランチなどが控えているので、1月に入ったら先の事をゆっくり考える事にする

続きを読む »

2008.12.10 :: 決断、職種が変わる

数年に1回のペースでボスに誘われていて、「興味ゼロ」っつうことで断り続けていた仕事に就くことにした。裏方から表舞台(最初は表舞台の中の裏方業務になるか?)へ。プライベートが落ち着いて来て、新しい事にチャレンジする意欲が少しずつ出て来たこのタイミングで、再び声を掛けてもらった事をチャンスと捉え、ちょっと頑張ってみよう。

ただ、専門用語分かりません(日本語も英語も)、人脈もありません、小さい会社なので仕事を教えてくれるベテランの先輩もいません、基礎知識もありません、こういう系の交渉はしたことがありません、この業界に深い興味を持っているわけでもありません。・・・と、厳しいスタートではあるが、いざやってみるとハマる可能性もあり、その可能性に期待しつつちょっとやってみる、っつう感じだ。とりあえず、本を2冊買ってみた。

しかし、今の"エグゼクティブ・セクレタリー"という役職名、なんか仕事ができる風の響きが好きやったのになぁ。実際は大した事はやっていない上、完璧にタイトル負けしているという事は自認しているけど・・・。新しい名刺には何と書かれるんやろかー

2008.12.03 :: キャリアを積むということ

起きるとまだふらふらしていて、昼過ぎまで頭が痛くて、血液の代わりにビール+日本酒+焼酎がドクドクと体の中を巡ってるこの感じ。二日酔い。ボスと九州男児というお酒に強い人らと飲んでいると、ついつい私も調子に乗って飲んでしまう。あかんねぇ。そんなにお酒が好きってわけでもないのに。

自分にはやりたい事があるけど、色々な事を犠牲にしてまでという程の想いはない。逆に、自分がその道に進むことはイメージできないが、向いているらしき道があるみたい。そして、その道に進めるレールを敷いてくれる人はおる。さあ、どうする私?!

 | HOME |  »

 PROFILE …

shizuco

shizuco

11月17日生まれ☆さそり座A型
【趣味】
バンド(Tb担当)☆スキー
☆アウトドア料理
【資格】
インテリア・コーディネーター(相談受付中)
英語関連資格を2つ
自動車関連資格を1つ
【好きな言葉】
ありがとう

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約